掲示板な落書き帳

447
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

2019年に観た映画(その1) - たきやん[管理人]

2019/01/24 (Thu) 11:58:05

有言実行、観たらすぐ書く!(笑)

・カメラを止めるな!(自宅/マアマア)
事前情報を極力シャットアウトして、「ワンカットのゾンビ映画」「映画撮影クルーがゾンビに遭遇する話」「3つのシーンで構成される」「低予算だけど大ヒット」ぐらいの知識で見た。
なるほど、こういう仕掛けの映画だったのね。ワンカット中の不自然なシーンの理由が色々分かってスッキリ。
そして「3つ目のシーン」であるエンドロールを見て、更に入れ子構造だったことを知って驚いた。
カメラのフレーム外にはたくさんのスタッフがいるはずなのに、ワンカット撮影中に誰も映り込まないのは凄い。
「ゲロNG」「目薬」「キレる監督」「ポン抜け」「腰痛持ちカメラマン」などなど、ワンカットゾンビで伏線が回収されていることがあとで分かる構成も見事。
評価はマアマアにしたけど、限りなくオモロイに近いマアマアかな。

Re: 2019年に観た映画(その1) - たきやん[管理人]

2019/02/12 (Tue) 11:12:56

・プリデスティネーション(自宅/マアマア)
タイムリープもの程度の前知識で見始めたら、最初の1時間ぐらいSFっぽくない回想話で面食らった。
登場人物の顔を移さない描写や回想話から途中でその後の展開の予想がついたので、その予想を裏切る展開を期待してたら予想通りの展開で終わってしまった。
爆弾魔誕生の経緯や目的は劇中で説明されるけど、ちょっと唐突感。
爆弾被害者が引き起こす事故の描写や未来の新聞をスクラップする描写でもあれば・・・まぁくどくなるか。
サラ・スヌークの一人二役の演技力は凄かった。レディ・ガイを観た後だと余計そう感じた(笑)
タイムリープを舞台装置にした、人間ドラマに比重を置いた骨太な作品だった。

・いぬやしき(自宅/マアマア)
原作未読でアニメ版視聴済み。
木梨憲武は時々コントっぽい演技になってたけど及第点。佐藤健はさすがの存在感でサイコパスキャラを再現してて満足。
ラストはアニメ版と違っていて、一応ハッピーエンドになっててこれはこれで。
その分奥さんと息子が正体を知らないままなので、理不尽な扱いに対するカタルシスが無くなってるのは残念。
塩分が弱点という独自設定が出てきたので、とどめは海溝にでも沈めるもんだと予想してたらそんなことはなかった!
元の話の魅力ポイントをうまいことまとめて、CGスゲー!なエンタメアクションに仕上げられてて十分良作。

Re: 2019年に観た映画(その1) - たきやん[管理人]

2019/03/11 (Mon) 23:34:14

・クワイエット・プレイス(自宅/オモロイ)
「怪物が潜む屋敷に迷い込んだサバイバルホラーサスペンス」って話だと思っていたので、想像以上に家族ドラマ要素が大きくて驚いた。
こーゆージャンルの定番だと「現在襲撃進行形」でストーリー展開するだろうに、一通り乗り切った後の世界からスタートしたのも予想外で新鮮。
そんな環境に適応して生活しているのですごい静かなシーンが続くんだけど、終始緊張感があって引き込まれながら観てた。
で、静かなもんだから、突然大きな音を出して驚かせる演出が心臓に悪い悪い(^▽^;
そのまま平穏に過ごしちゃあ話が盛り上がらないので、音を立てちゃうことで主人公たちがピンチに陥るんだけど・・・
その原因がヒューマンエラーとか偶然が重なりまくって無理やりピンチ状況になっちゃう、ってのがちょっと興ざめ。
階段の釘、地下室大洪水、サイロ内転落とアクシデントてんこ盛りで途中でちょっと笑ってしまった。
出産用に防音室ぐらい用意してるかと思いきや、それまでの用意周到さとは打って変わった適当っぷり。新生児に麻酔ガスはひくわー。
そんなツッコミポイントはあるし、終盤の展開も予想通りだったけど、見せ方がうまいのか最後まで引き込まれつつ観ることができた。

・アントマン&ワスプ(自宅/オモロイ)
シリアス展開になりかけると携帯のメロディが鳴ったりして、あくまでコメディ調を崩さない作風がお気に入り。
なのでエンドロール後のインフィニティウォーに絡めたどシリアスなシーンで、きたー!って鳥肌が立った。
体の収縮を活用したアクション演出がスピーディーでテンポがよく、観ていて気持ちいい。
超技術ラボを巡る三つ巴の争いと初代ワスプのサルベージ話がちゃんと分かりやすく描かれていて、最後まで楽しむことができた。
ヴィランのゴーストの残像がたくさん現れ続けるビジュアルが新鮮で、ワスプとのお互いの能力を駆使した格闘シーンは見ごたえがあった。
アントマンはアベンジャーズ4に出演するっぽいので、いい感じにコメディリリーフしてくれることを期待しよう。

・ピーターラビット(自宅/マアマア)
原作のイメージでほのぼのファンタジーかと思いきや、ブラックジョーク満載のドタバタコメディでいい意味で裏切られた。
ところで途中まではどう考えても悪質な野菜泥棒のピーターラビットたちが被害者面して悪口雑言言いまくるのに違和感感じてたけど、
所詮はウサギ脳の戯言(ひどい)と割り切って気にしないことにして、頭空っぽにして楽しんだ。
ちなみに登場人物みんなおかしいけど、一番タチが悪いのは画家のねーちゃんな気がした(笑)
感電して吹っ飛ばされる天丼演出とか、街に戻った青年を連れ戻す道中の大冒険省略演出とか、
ミュージカル雀を襲ういわれなき暴力とか、特撮ばりのリアル爆薬シーンとか、声出して笑ったシーンは結構あった。
続編の作成が決定したそうなので、何年後になるかわかんないけどチェックしておこう。

・ウルフ・オブ・ウォールストリート(自宅/マアマア)
上映時間179分。長い! でもハイテンションなジェットコースタームービーで2時間ぐらいまではだれずに楽しめた。
会社で演説して従業員全員と盛り上がるシーンが何度も繰り返されるだけど、「アメリカだとホントにこんな会社あるかもな」と思わせるパワーがあった。
羽目の外しっぷりがリミッター外れてて、高校生男子グループが友人宅で馬鹿話してハイテンションになってる感。
ドラッグや乱交パーティーとかは抜きとして、友人たちとあんな風に馬鹿笑いしながら盛り上がれたらさぞ楽しいだろうなぁ~。
基本的にコメディだし、中盤までは無茶苦茶やりながらも成功し続ける展開なので馬鹿馬鹿しく思いながらも楽しく観れた。
終盤になるといろいろ破綻してきて連鎖的にひどい目に合うんだけど、自業自得&インガオホーなので観ていてそんなに辛くなかった。
この作品を観て、ドラッグには絶対に手を出すまいと強く心に誓った(笑)

掲示板引っ越し - たきやん[管理人]

2019/01/23 (Wed) 21:12:28

前使っていた掲示板がサービス終了とのことで、倭国首長通信用に作って放置していた掲示板を再利用。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.